山行日:2016.3.27
目的地;東秩父村花桃の郷(大内沢地区)
コース:寄居駅=村営バス=大宝バス停(8:50)~花桃の郷(大内沢地区)~登谷山~釜伏峠~関所跡~中間平~常光寺~鉢形城~寄居駅(14;00)



平成の大合併の嵐に耐え、東秩父村は埼玉県唯一の村として生き残った。
何とはなしに、ネットで東秩父村の「花桃の郷」・「花桃祭り」を知り、行ってみる事にした。


小川町の駅で、多くの登山者が吐き出され「しまった」と思ったが、寄居行きの電車に乗り継いだ者はわずかだった。
寄居駅でクソをして、タバコを吸った。2本目に火を着けた所でバスがやってきた。タバコの火を消してバスに乗り込んだ。バスはガラガラだった。まぁ、この天気ではねぇ~。


東秩父村のパンフレットに従い、大宝バス停で下車。少し進み、右手の舗装道を登る。
道が曲がった所で、桃の花が現れる。


イメージ 1
東秩父村大内沢地区。


取り敢えず、近くの展望台に上がってみた。


イメージ 2
おおっ、すごい、すごい。まさに花桃の郷。



展望所を降り、そばにいた係員とおぼしき村民の方に登谷山の道を聞いた。登谷山の道々でも充分に桃を楽しめるとの情報を頂き、「花桃の祭り順路」には向かわなかった。



イメージ 3
いやはや、なんとも。



イメージ 4
山上集落はかなり上方まで続いていた。



イメージ 5
寒桜と。



イメージ 6
まだまだ続く。



イメージ 7
梅も多いが、終わっていた。



イメージ 8
民家の庭先で。




イメージ 9
この辺が最後だったか。


晴れていればなぁ~と思う。


やがて杉林の舗装道となる。そして、意外にも別荘地らしき地区に入った。タヌキが一匹こちらに向かって歩いてきた。カメラを向けると、別荘地に逃げてしまった。

舗装道路は、主稜線上まで続いた。最後の比高50mだけが土の道で、登谷山に到着。



イメージ 10
誰もいない登谷山だったが、しばらくしてオッサン一人が通過していった。



俺は、チョコパンを食って、タバコを吹かしてオサラバ。


釜伏峠に向かう。外人さんが土木作業中。ご苦労様です。多分太陽光発電かなんかの設置。
すぐに再び舗装道。緩く下って釜伏峠に到着。釜伏神社には寄らず、関所跡に向かう。ここも歌碑があるのみ。その痕跡は感じられない。

中間平に向かおう。
舗装道をユルユル下る。

中間平の一角に入るも、この時季見る物なし。多分桜山なのだろう。


イメージ 11
中間平。この天気で、この景色では、気が滅入るワサ。だぁ~れもいない。


中間平から、舗装道をクネクネと下る。



イメージ 12
開けた所で。


ここから一段下がると、平地になって、


イメージ 13
常光寺に着いた。


八高線の線路を渡って、



イメージ 14
鉢形城に到着。巨大な寒桜が迎えてくれた。



イメージ 15
城域を少しだけ、散策。やっぱ、この城、凄いわ。



荒川のほとりのソバ屋で、ピール、蕎麦、舞茸を食い、寄居駅に帰着。


秩父鉄道で帰るか、東上線で帰るか。小川町行きが直ぐに来たので、東上線経由で帰路に着く。


花桃はよかったが、天気がねぇ~。
それと、山登りとも思えない車道歩きの連続にまいりました。