行った日:2015.7.25
コース:秩父鉄道親鼻駅(8:10)~萬福寺(8;30)~(9;40)美の山(10:10)~和同遺跡~聖神社(11:30)~秩父鉄道和同黒谷駅(11;50)


羽生から秩父鉄道に乗った。
便意を催し、油汗を流した。
秩父鉄道親鼻駅に着いて、便所を捜すも便所無し!ゲゲゲッ~。

萬福寺に急行。便所を発見。ことなきを得た。

国道に戻り、自販機を捜す。冷えたお茶が飲みたいのだ。



イメージ 1
萬福寺付近にて。



イメージ 2
萬福寺ふきんにて。



萬福寺は修理中。


寺の脇から、「関東ふれあいの道」を辿った。
歩き始めは、木陰に入り涼しいと思った。


イメージ 3
こんな道。


5分も歩くと、汗が噴き出した。


暑い、暑い。フラフラするよ~。


何か大型の昆虫が、何回も体当たりしてくる。その度に、ビクッとする。

ユスリカかなんかの糸が顔に引っかかる。

ユスリカ程度ならば良いのだが、たまに、お毛毛の生えているヤツがぶら下がっていたりする。ムムツ・・・、こいつはかなわん。夏の低山恐るべし。


イメージ 4
先週も見たな。


もう、イヤ、と思った頃、山頂に着いた。


イメージ 5
無愛想な美の山山頂。


だ~れも、おらん。



イメージ 6
美の山山頂の展望台より。奥秩父~長沢背稜の山々が、よ~く見えた。




イメージ 7
案内板。



イメージ 8
実写版、パノラマ写真。


両神山、二子山、三宝山、木賊山、大常木山、雲取山、酉谷山、太平山、三つドッケ、武甲山などなど。丸見えであった。


イメージ 9
美の山山頂付近にて①。


イメージ 10
美の山山頂付近にて②。



イメージ 11
美の山山頂付近にて③。東秩父村方面の山々。


だ~れも居ないので、シャツを脱いで日向に干した。
ついでに、ズボンも降ろして、パンツに風を通した。


自販機があったので、アセロラドリンクを購入し、一気に飲み干した。


ビチョビチョのシャツは20分ほどで乾いた。


さ~て、帰りましょ。
予定では、山道を下るつもりでいたが、お毛毛の芋虫君にはかなわんと思い、車道を下った。

木陰が多く、思いのほか、涼しかった。道々に花が満ち溢れていたのも幸いした。


イメージ 12



イメージ 13



イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19



途中、和同遺跡による。ここで、大汗を再びかいてしまった。


関連の聖神社に寄る。ここは銭の神様らしい。


国道に出ると、まさにギンギラギンの暑さがおそってくる。





秩父鉄道和同黒谷駅に辿り着き、一服していると、汽笛が聞こえた。


イメージ 20
おおっ、蒸気機関車ではないか!



クーラーのきいた列車で、帰途に着いた。