地図上美弥古滝右岸尾根を汗ダクで登った。白錫尾根の山々が見上げられる所までやってきた。


イメージ 1
左手に白檜岳。白錫尾根は近い。


さっきまで続いていた鹿道が失せる。笹が腰の高さまで。笹を掻き分け進むも、足が前にでん。


イメージ 2
おおっ、日光白根山だぁ~!やっとこさ着いた白錫尾根。


いきなり、白根山がドーンと正面に現れた。白錫尾根に着いたのだ。場所は、白根隠し山と白檜岳の中間付近の2350m峰。

全身ビチョビチョ。誰も居ない事を確認し、ズボンを下ろしパンツに風を通す。

チョコパンを食って、白檜岳方面へ移動。若者とスライド。


イメージ 3
ありゃ~、ガスの密度が増えつつあるねぇ~。錫ヶ岳は雲に覆われた。


白檜岳との鞍部より瞑想の谷に向かって下る。
すぐに急斜面となり、苦戦する。前回は隠し山鞍部からアッサリ下れたのだが、どこでも同じようなものだろうとタカをくくっていたのだ。ここは違った。谷状に活路を求めて下る。冷や汗が出てきた。木、根っこ、岩にしがみ付き下る。ありゃ~、こんなはずではなかったのだが。何とか強引に下り、いくらか傾斜が緩んだ。助かった。二度とここは下るまい。


イメージ 4
密林から抜けて。おおっ、青空だ。


イメージ 5
そして、草原となり、


イメージ 6
無事、瞑想の谷に降り着いた。ありゃ、もう曇っちゃった。


砂地で寝っ転がろうかと思っていたが、しっかり水分を含んでおった。


残りのチョコパンを食らう。


瞑想の谷は2段になっている。今は下の段にいる。ゆっくりしたいが、どうも雲行きが怪しい。上段に向かう。


イメージ 7
今年も女王様にお会いできました。


イメージ 8
昨年よりはいくらかお若い様子だが、盛りは過ぎている。



草の茂った斜面を登る。隠し山を歩く人の姿が見える。山の上で大声をあげている人がいる。

避難小屋を通過し、前白根へ向かう。
足が重いのぉ~。



イメージ 9
この雰囲気が、けっこう好きなのだ。


イメージ 12
五色沼は曇天では冴えない。


イメージ 10
前白根にて。


やっとこさ、前白根に辿り着く。


あとはトボトボと外山尾根を下るだけ。とは言っても、ボロボロの急な登山道の下りは辛かった。途中雨が降り出した。深い樹林で、雨具は不要であった。たとえ雨具を着た所で、全身ビチョビチョでは意味をなさないし。
やがて雨はあがった。

スキー場に辿り着き、水筒の最後の水を飲み干した。


イメージ 11
振り返ると、どうやら山中は雨の様子。


ここからは急ぎ足で湯元バス停に向かった。


取り敢えず、ここ数年、気になっていたルートを歩けたので満足であった。
それにしても、歩くの遅せ~よなぁ~。