行った日:2013.7.14
コース:東武野田線川間駅(6:00)~江戸川土手(6:15)~国道16号線(6:30)~宝珠花橋(7:30)~関宿橋(9:00)~関宿城跡~(9:40)関宿城博物館(11:07)=バス=東武野田線川間駅


金曜日は、職場でバルサン焚きがあったため17:00に退けた。シメシメ。明日こそテン泊で山に行くのだ!気合いを入れて、食料を買い込んで帰宅。
天気予報の降雨予想を確認すると、群馬・栃木県境付近は青いマークが張りつきまくり。う~ん、どうすんべ~。

湿った藪山はいやなので、今週も見送る事にした。であるが、アセリを感じつつある。


で、今週も川歩きにでかけた。川歩きも、2回連続して途中で中断している。今回は暑さ対策で、ポンジュースを冷凍してリュックに入れた。


イメージ 1
野田市尾崎。東武野田線の橋梁を振り返る。


今回は千葉県側を歩いた。江戸川までの距離は野田線川間駅からの方が遥かに近かった。

朝もやか、ただ湿度が高いのか。霞んだ中を出発。朝っぱらから暑い。
国道16号線をくぐると、野田市金野井の水位観測施設があった。計画水位10m、最大水位7.2m(カスリーン台風)とある。


イメージ 2
野田市岡田。関宿滑空場。霞んどる。


自転車の人々が行き交う。


イメージ 3
3日目にして、ようやく・・・。



イメージ 4
野田市親野井。宝珠花橋。対岸は春日部市西宝珠花。野田市側には僅か南に東宝珠花地区がある。


この辺りは、大きい川が狭い区間で南北に流れている。(古利根川、中川、江戸川、利根川)
宝珠花は古くからの渡し場があったそうだ。


イメージ 5
野田市関宿元町。関宿橋。


なんか、ゴールが近づいたような気がした。


イメージ 6
案内板から、ゴールが至近にある事が判った。「棒出」の史跡は見当たらなかった。


イメージ 7
ムムッ、異様な城が遠くに見える。


「棒出」のすぐ先から、遠くに異様な城のようなものが見えだした。あれが、目指した関宿城だとしたらとても悲しい。

そして、異様な城の手前に、不自然な地形が見えた(白いサイロの左側)。ムムッ・・・。直感的に、これはアヤシイと思い、堤防の草叢を駆け降りた。


イメージ 8
おおっ、関宿城跡ではないか!

イメージ 9

イメージ 10
関宿城の遺構はこれだけ。大半は江戸川の改修により埋まってしまったと。周辺にもう少しそれらしきものがあるのかもしれないが、今回は不詳。


城主の梁田氏は、渡良瀬川上流の梁田の出身という。中世の江戸川は渡良瀬川であった。どういった事情で、下総の国にやってきたのだろうか?
途中、古河公方が居城した時期もあったが、古河公方方で重臣として活躍したそうだ。


蜘蛛の巣を払い、ムッとする草叢を掻き分けて土手に戻った。


イメージ 11
このすぐ先に千葉県立関宿城博物館があった。橋の向こうは茨城県五霞町。


イメージ 12
千葉県立関宿城博物館。


サイクリングの人々が大勢休んでいた。


イメージ 13
博物館入口。



イメージ 14
博物館最上階の窓越しより、利根川・江戸川分流点付近を見る。


博物館を出て、利根川・江戸川分流点を目指そうとしたが、すぐに「立ち入り禁止」となり、あきらめる。


博物館の敷地にバス停があり、5分と待たずにバスがやってきた。2~3時間に一本のバスだからラッキーだった。


凍らせてもってきたポンジュースはすでにナマ温くなっていた。

駅近くでビールを飲み、ソバを食って帰途に着く。

今日も暑い一日だった。