山行日:2013.6.2
目的地:女峰山様
コース:滝尾神社入り口((6:00)~稲荷川林道~天狗沢左岸尾根取り付き(6:20)~1303m(7:50)~黒岩尾根1860m付近唐松金剛(10:00)~黒岩(10:15)~(10:20)遙拝石(11:00)~黒岩尾根・敗走~滝尾神社(13:00)


女峰山様の黒岩尾根をのぼっていると、八風付近から右手に白樺疎林の美しい尾根が見える。いつかは登ってみたいものだと思っていた。
今回はツツジ見物を兼ねて、その天狗沢左岸の尾根を辿ってみることにした。できる事なら女峰山様にも到達したいのだが。

全く冴えない天気の中、滝尾神社から稲荷川の林道を上流に歩きだした。20年位前は雲竜見物に何度か辿った道だが最近はトント御無沙汰しているので枝林道などにまごついた。


イメージ 1
20分ほどで、天狗沢左岸尾根取り付き地点に達した。


仮称天狗沢左岸尾根は、2.5万図で稲荷川の林道が二股に分かれる860m付近から隆起し、黒岩のわずか南側で黒岩尾根に合流している。
取り付き地点には、鹿避けのものかネットが張られている。結論から言えば、ネットの左側からの取り付きがよい。おいらは、右側から取り付いた。

取り付きからして、なだらかでとても登りやすい。笹はあるが、せいぜい膝程度。なんとなく感じる踏み跡様を辿ればなんら問題無い。
ネットは尾根の頂稜部に設置されていたが、920m付近で右側の沢筋の方向へ方向転換。ネットをくぐらなければならない。少し戻った所に穴があいているのを確認していたので、穴を利用してネットの向こう側に行った。

1000m付近よりツツジ尾根となる。尾根は広がり、唐松の植林の間にツツジが点在していた。右手の窪地に赤いものが満ち溢れていた。思わず寄り道してしまった。


イメージ 2
山ツツジが咲き誇る。どんより空が悲しい。


イメージ 3
そこら中に咲いている。


イメージ 4
レンゲツツジが混じる。足が進まん。


1150m付近より尾根が広がり、広い笹原に両サイドの唐松の濃い緑。天気が良ければどんなにか素晴らしいことだろうか。幾分笹が深くなった。尾根の右側に沿って歩いた。
傾斜が少し増し、細くなった尾根を西に方向転換すると1303m標高点のピークに達した。南側に赤い列が見えるので下ってみるとツツジの乱れ咲きであった。

1303mに戻り、北西に下る。鞍部は天狗沢の枝沢の穏やかな源頭部となっていた。細くなった尾根を辿ると露岩が現れ左から巻く。再び穏やかに広がった尾根となる。


イメージ 5
はし休め。


イメージ 6
ツツジがある方へ、寄り道だらけ。


イメージ 7
山ツツジが終わり、シロヤシオとなる。


イメージ 8
おお、僅かだが雲の切れ間が見える。


イメージ 9
ムムッ、青空がどんどん広がってきたよ~。


イメージ 10
ウヒョ~、赤薙ぎ山ダァ~。


イメージ 11
1700m付近の崩壊地。火山だねぇ~。


イメージ 12
崩壊地を渡る。なんか楽しいねぇ~。正面は黒岩尾根。


つづく。