行った日:2011.2.26
目的地:唐沢山城
コース:東武葛生線堀米駅(9:15)~栃木県庁安蘇庁舎前~見晴小屋~鏡岩~唐沢山城散策~京路戸峠~諏訪岳~京路戸峠~東武葛生線多田駅(13:50)


先週に引き続き、お城に行ってしまった。軽い登山でも五十肩にたいそう響くのである。かといって、多少なりとも歩きたい。歩きをサボると今度は腰にくる。それは、避けたい。

唐沢山城は以前チョチョイト車で上がり、チョチョット見て廻った。今回は2回目。下から登ろう。前回同様、東武鉄道の有料パンフレット「みちしるべ」を持って。
コースは、「みちしるべ」記載のまま。なんのアレンジも無し。難易度は「一般コース」。ちなみに、本書では、切込・刈込、中禅寺湖南岸散策、半月山、鳴虫山などが「健脚コース」になっている。なので、安心してでかけた。

今日も電車の中で「関八州古戦録」を読みながら行った。
北条軍は平井城をアッサリ落とした。関東管領上杉憲政は越後の春日山城に落ち延びた。かつて越後守護職上杉氏は、長尾氏に乗っ取られたのだから、いい気はしなかったろう。当主影虎は、上野の奪還を約束した。長尾軍は、鳥居峠を越え(関八州古戦録)平井城を囲んだ。激戦の末、平井城奪還に成功。平井城落城の報が広がると、上野南部の諸領主がこぞって参陣してきた。その中に、下野唐沢山城の佐野氏もいたのだ。これより、佐野は越軍の北関東の拠点として位置づけられた。ただ、金山城主由良氏の姿は見えなかった。

などと、朦朧と思いを馳せ、堀米駅に着いた。
堀米駅は、無人駅だった。780円の切符を回収する者は居なかった。近所のオバサンが駅を掃いていた。
のっけから道を間違え、「こどもの国」だかに至ってしまった。来た道を戻り、再出発。栃木県庁安蘇庁舎なる建物の脇を通過。なるほど、安蘇なる地名はこのあたりか。

イメージ 1
あれが、唐沢山か?

しばらくは、車道を行く。唐沢山神社の案内板に従い、細い舗装道に入る。ゴミ捨て場か!やたらに汚い。

イメージ 2
道が汚すぎて、石仏もあきれ顔。

イメージ 3
ようやく、山道にありつく。

のんびりと尾根を辿る。「山頂→」と「初心者コース→」の標識が何度と無く現れる。「山頂→」は尾根通しに小ピークを辿るようだ。ハイキング好きを自認しているので、全て山頂コースを選択した。

イメージ 4
あれが、唐沢山か?

イメージ 5
やがて、見晴小屋と思われる所に着いた。高速道路が眼下に見える。通行量が少ないねぇ。早く桐生まで繋げてよ。銅親水公園が近づいて欲しいのヨ。

見晴小屋には、御夫婦がいた。堀米駅から来たと言ったら感心された。それほど大変ではないのだけれども・・・。このあたり、やはり車で来る所なのだろう。

イメージ 6
掘り切りなどが現われ、城址らしくなってきた。

イメージ 7
俺もかつてあの車道で上がってしまった。いかんのだヨ。と言いたい。

イメージ 8
鏡岩。大したこと無し。(失礼)

イメージ 9
そして、山頂部に着いた。

天狗岩に登り、展望を楽しんだ。詳しい地図を持ってくればよかった。安蘇の山は全く判らない。薄っすらと見える男体山と女峰山だけが知っている山。展望の案内板があったが、100名山系ばかり。大小山のみ何故か示されていた。たそがれオヤジさん、ハイトスさんの三床山も見えているのかも知れないが、さっぱり判らない。


イメージ 10
西城にあった。竹筒に耳を寄せると不思議な音が聞こえる。


イメージ 11
神橋を渡る。以前はハネ橋で深い堀であったらしい。

イメージ 12
南城。日溜りで猫が居眠りをしていた。三カモ山は判った。東北道が見えた。と言うことは、高速道路から唐沢山が見えるということか!今まで判らなかった。

イメージ 13
唐沢山神社。成立は明治時代。若い方々が入れ替わりで参拝されている。宗教心のかけらも無いおいらは、ただ見て感心し、通過。

二の丸、三の丸を巡り、京路戸峠の道に入る。城域でうろうろし過ぎて、時間を食ってしまった。急がねば。

未舗装林道のような道が尾根近くに続く。時折、小ピークを巻くのだが、尾根上に小道があり、これを辿る。登りワンコ蕎麦状態となりバテる。巻き道は「関東ふれあいの道」になっていた。おいらは、理由も無く何故か、「関東ふれあいの道」にでくわすとイラツクのである。理由も無く。
290.3m峰の登りはキツかった。最後は急過ぎて、雑木林に逃げ込んだ。山頂には三角点が。道は放射状に5本あった。標識が無く、勘で下った。正解で助かった。このピーク「関東ふれあいの道」は巻いている。

イメージ 14
京路戸峠に到着。

京路戸峠に私製の標識があり、諏訪岳なる山を指していた。先ほどから正面に見えていた山だ。予定外だが、一丁登ってやっか。てなもんで、先に進んだ。


イメージ 15
けっこう、いい雰囲気の道だ。ここは、「関東ふれあいの道」からは外れているようだ。

イメージ 16
諏訪岳着。西側の展望が良いが、全くの地理不案内。下に何故か美しく見える工場群があった。

唯一の食料カンソ芋を食い終わった頃、若めのオッサンが登ってきた。三峰山を登り、今日二山目だそうだ。先週は、那須朝日岳に登ったそうだ。宇都宮から来たそうだ。期待して、三床山を聞いてみたが、御存知無かった。残念。

下り易い道を京路戸峠に向かう。峠を素通りしさらに下ると、諏訪岳から僅か30分足らずで工業団地に着いてしまった。

イメージ 17
諏訪岳を振り返る。

東武葛生線多田駅の所在を街の人々に聞きながら急ぎ足で歩む。14時15分の電車に乗りたかった。ギリギリと思っていたが、14時前に多田駅に着いてしまった。ここも無人駅であった。駅から20m程戻った「小林邸」が券売所であると張り紙がしてあった。券売所はすぐに見つかったが、小林邸の呼鈴を鳴らしても誰も出てこなかった。どうしよう、と思った矢先に小林氏?が車で御帰宅。薄っぺらな切符に手書きで日付が書き込まれ300円を支払った。

館林と久喜で乗り継ぎ、帰宅した。


唐沢山城の表側は金山城の地形に良く似ていた。ただ、後背地が連嶺を成し、金山のような独立峰的なスッキリ感は無かった。また、山頂付近には人為的施設が多くこの点も個人的にマイナスイメージを抱く結果となった。他の尾根筋に小ピークが散見された。これらには、城としての機能があったのだろうか。遺跡が残っているのだろうか。色々と疑問が湧いてきた。予習をせずに出かけたので、上っ面だけ辿っただけの結果となってしまった。