山行日:2010.4.25
目的地:日光白根山
コース:菅沼登山口(8:10)~春山コースの沢筋~弥陀が池(9:40)~岩場基部・敗走~(11:10)弥陀が池(12:20)~菅沼登山口(14:00)


イメージ 1


三岩岳にスキーに行こうと計画していたが、土曜日が出勤となり、あえなくモクロミは潰えてしまった。
金精峠が開通したので、日光白根山に向かった。

清滝、朝7時で、気温-1℃。結構冷えている。天気はすこぶる良い。
菅沼茶屋の登山者用駐車場は、ほぼ満車だった。小さな隙間においらの軽自動車をもぐりこませた。

今日はスキーではなく、革靴を選択。なんとか山頂に達したかったから。
雪は締まり歩きやすい。多くのトレースがあり、道に迷う心配はなさそうだ。夏道は全く判らず、春山コースの沢筋に入った。

イメージ 2
すぐに落石の多い、急斜面となる。

拳大の落石が落ちてくる。ひらりと身をかわす。その後も落石は続く。小尾根を左に越え、沢を変える。沢が二股となり、木の多い右側の沢筋に入る。あいかわらず急斜面で雪が硬くなってきたのでアイゼンを装着。お一人が傍らを登って行った。

イメージ 3
傾斜が緩むと日光白根山が見える。

イメージ 4
そして、弥陀が池に到着。

イメージ 5
一服後、ほぼ夏道沿いに白根山に向かう。

桜の木立を抜けると、大勢の人がタムロしていた。なにか様子がおかしかったが、そのまま進む。
ここから、再び急斜面となる。雪がさらに硬くなる。上から一人軽快に降りてきた。しかし、おいらは不安を感じた。雪が硬すぎる。ストックが雪面に刺さらずツルリと滑る。見上げれば、さらに急な岩溝のルートがのしかかる。

高校の冬休み明け。地学の先生が学校に来なくなった。なんでも白根山で滑落しピッケルが顔面に刺さったのだと、まことしやかに囁かれた。夏休みが終わると、地学の先生は現れた。顔に大きな縫い跡があった。

最早、ここまでと諦めた。やはり、下りは厳しかった。と、ヘリコプターがやってきた。

イメージ 6
大勢の人がタムロしている上空でホバリングをしている。やがて、ロープが下り、一人降りてきた。
救助隊員だろうか。隊員は移動し、タムロしている人々の中に走り寄った。

イメージ 7
やがてヘリコプターより、拡声器で離れるように呼びかけられた。人々はクモの子を散らすようヘリから離れた。

ヘリが高度を下げると、すさまじい烈風となった。見ていると、氷が飛んできて、おいらの顔面を強打した。ヘリに背を向けフードをかぶった。長い時間だった。烈風が収まり振り返ると、ヘリは去っていった。タムロしていた人に聞くと、滑落事故だったようだ。だいぶ落ちてきたらしい。


イメージ 8
氷ついた木を見たりしながら下った。

弥陀が池まで下り、早めの昼飯とした。

イメージ 9
山頂やや右側のルンゼ状がルート。おいらははるか下で断念。

弥陀が池で白根山のルートを見ていると、約8名がルンゼ状に取り付いた。6名が稜線に達したようだ。
2名はルンゼ状下部から引き返していた。多くの方は、ここに取り付く前に撤退したようだ。

やおら腰を上げ、帰途に着く。

イメージ 10
下り始めは緩やかなのだが。

すぐに急な沢となる。慎重に下っていると。おおっ。徒然草子さんではないか。大汗を噴出して登ってきた。登る前に、なぜか徒然草子も居るのではないだろうかという予感があった。しかし、実際出くわしてみると、驚きは予想以上だった。徒然草子さんは兼用靴でショートスキーを担いでいた。この斜面を滑るとは凄すぎる。急斜面でやや長めの立ち話をして別れた。


イメージ 11
いやらしい下り。

イメージ 12
落石におびえる。


イメージ 13
そして、平坦な登山口近くに。

イメージ 14
余りに早く戻ったので、湯の湖を散策。


どうやら、敗走癖が再発したようだ。
まあ、実力が伴っていないので仕方あるまい。無理して怪我をするよりはるかによいではないか。