イメージ 18

山行日:2010.4.4
目的地:布引山
コース:宝川温泉(6:40)~板幽沢橋(7:50)~(11:50)布引山(12:30)~雨ヶ立山鞍部~菊石沢~主尾根トラバース~支尾根~(13:30)板幽沢左岸(13:50)~板幽沢橋(14:15)~宝川温泉(15:30))


菓子王君より、用事で今回は行けなくなったと連絡があった。
かめ・ふーさんが日光に御主張との情報で、確信犯的・計画的・バッタリ的出会いを画策しようとも思ったが、なにせ今シーズンスキーを一度しか履いていないのでやはりスキーに出かけることにした。

関東北部・新潟に晴れマークがでたので、今回は上越国境近くの布引山に行くことにした。昨年お隣の雨ヶ立山がすばらしかったので、二匹目のドジョウを狙ったわけである。

上牧Pで3時に目覚めた。もう一時間寝ようと思ったが、2時間寝てしまった。出遅れた。
宝川温泉奥の駐車場に着くと、便意をもようした。ここに便所は無い。再び車で大分下って排泄した。

宝川温泉の駐車場に戻ると、オッサンがスキー登山の準備をしていた。声をかけると布引山に行くと言う。なんでもG誌に詳しくルートが出ていたと言う。この話を聞いて、顔面蒼白となる。
つい最近、かめ・ふーさんのブログに「阿能川岳の記事が雑誌に出ていて、行く気が無くなった」と、大言壮語を投稿していたのだ。今思うと、妄言だった。かめ・ふーさん申し訳ありませんでした。阿能川岳は計画していたことは事実だが、やめる理由を考えていたに過ぎない自分が情けない。

とは言え、今日は行くしかあるまい。
宝川の林道には雪が充分あった。しかもいい感じでしまっている。なので、スキーはリュックに縛りつけ、通勤用の靴で出発した。

イメージ 1
こんな靴で歩き始めたが、靴を濡らすことはなかった。

イメージ 2
林業試験地観測所を過ぎる。快調に足が進む。

板幽沢橋には通勤靴で僅か1時間10分で着いてしまった。いかにコンディションが良かったか。さすがに、通勤靴から兼用靴に履き替えた。

板幽沢橋を越えたすぐのところから、右手の小尾根に取り付く。が、すぐに林道と合流。何回目かの合流で、林道歩きを選択。先に林道終点が見えたところで、右手の杉林に入り、小尾根を乗り越す。平坦地となり、そのドンツキまで行く。

イメージ 3
不思議なことにそこには、雪消えした草地が露出していた。

正面に小沢。右手に崖。地図・コンパス・高度計とポンコツの頭をフル動員して、予定ルートを探す。
小沢と崖の間のまことに小さな尾根が予定ルートであると確信し小尾根に取り付く。予想以上の急傾斜だった。木にしがみついたりして登る。見えていた崖の上に出るとやや傾斜が緩んだ。しばらく行くとスノーシューの新しい足跡があった。なぜかホットする。

イメージ 4
雨ヶ立山の尾根の奥に尾瀬の山が見えた。笠ヶ岳だろうか。

登るにつれ、景色がドンドン広がる。やがて、スキーでは登れなくなった。スノーシューの足跡もツボ足に変わっている。雪が程よく締まり、全く問題なくツボ足で登れる。
再び傾斜が緩み、スキーを履く。

イメージ 5

イメージ 6
ブナの林間をゼーゼーいつて登る。

やがて杉の大木が林立する平坦地を過ぎると、

イメージ 7
純白の大斜面が現れた。

イメージ 8

イメージ 9


やがて、主尾根に合流。いくつかのピークを西に巻いた。

イメージ 10
白毛門?とその奥に谷川岳

イメージ 11
昨年雨ヶ立山からは見えなかった大烏帽子山

バテてきたが、凄い景色に圧倒され心は躍る。
ようやく布引山のピークが見え出す。雨ヶ立山に佇む人が見える。この頃より風が強まる。
布引山の山頂はブッシュが出ていた。

イメージ 12
ようやく布引山に到着。雨ヶ立山が下に見える。

イメージ 13
笠ヶ岳方面。たぶん笠ヶ岳は写っていないと思う。

イメージ 14
膨大な山容の朝日岳。鈍重だが美しいなぁ。

かすかに、日光白根が見えた。あの向こうの山にかめ・ふーさんは登っただろうか。

風が強すぎて昼飯は食えない。展望を楽しんだら、下山の準備だ。シールを剥がしていると、二人登ってきたが、お互い無言。風の強さと景色の凄さで、目を合わせただけだつた。余裕なし。

雨ヶ立山の鞍部を目指して下り始めるが、サン・クラストした斜面はおいらの手(足)には負えない。プルークでガリガリ凌ぐしかない。氷の粒が吹っ飛んでいく。

無木立の菊石沢源頭部に滑り込むと、雪が柔らかくなり喝采を叫ぶ。


イメージ 15
今日の入山者は多かったが、菊石沢に入った人は居なかった。汚いシュプールを誰にも見られない事を願う。

イメージ 16
1450M付近まで滑り、雨ヶ立山の主尾根の山腹をトラバース。ブナの森が美しい。

大きな支尾根に出て、もう一つ先の小尾根に乗り移ろうと1270m付近で谷を渡ろうとしたとき、嫌なことが起こった。幸い、下に人は居なかった。自分の足元が原因だったと思う。谷を渡ることを諦め、大きな支尾根を下ることにした。この尾根、下部が悪いが仕方がない。雪は激しく緩み、危険を感じた。なるべく木が密な所を選んで下る。冷や汗か暑さのせいか、汗まみれで板幽沢に降り立つ。ここで、遅い昼飯とする。

イメージ 17
板幽沢に到着。ここまで来れば一安心。

ここからは、スキー、ツボ足などの足跡が入り乱れ、ルートを失う心配は無くなった。超重い雪と密林に悩まされ、板幽沢橋にたどり着く。
木の根元に置いておいた通勤靴を回収し、林道にスキーを滑らす。林業試験地観測所まではスキーが良く滑った。途中、スノーシューを担いだお二人がいた。トレースを使わせたもらったお礼言った。
途中より、傾斜が無くなりスキーが全く滑らなくなった。結局登りと同じ時間を要して、宝川温泉に帰着。

関越道にて、恐ろしい渋滞にはまる。ラジオでゲスト出演のなぎらけんいちの話を聞きながら帰宅。


今日のスキーは楽しかったが、反省すべき点が多かった。雪質がかなり悪化していたにもかかわらず、谷を渡ろうとした。スキー登山で多くの人が谷のトラバースでやられている。今回は尾根を登り直し、隣りの安全な尾根に移るのが正解だったと思う。