散歩日:2010.4.3

コース:自宅(8:20)~札場河岸~綾瀬川右岸~新栄団地~川口市戸塚~伝右川~安行出羽公園~ときめきランド~川口緑化センター~自宅(11:50)


今年も桜の季節がやってきた。散歩がてらに花見をしておこう。

外に出ると薄ら寒いので上着を取りに家に戻った。曇天空だが、日は選べない。30分ほど歩いて、日本の道100選、旧日光街道札場河岸に出た。

イメージ 1
空色は冴えない。ただ、桜は満開に近い。天気がイマイチのせいか、人出は少ない。

日本の道100選に選ばれていいのだろうかと思うような旧日光街道草加松原の松並木を綾瀬川に沿って遡る。松並木がつきると、再び桜並木となる。

イメージ 2
一瞬、陽が射すと、ピンク色が鮮やかに。

イメージ 3
少なくなった農家の庭先には春の花が満開。


イメージ 4
東武伊勢崎線をくぐると、またまた桜並木となる。

イメージ 5
この並木はけっこう長い。今年は菜の花も植えられたようだ。

桜並木は、国道4号線まで。橋下をくぐり、さらに進むと新栄団地沿いの桜並木が現れる。

イメージ 6

イメージ 7
新栄団地の桜は、大木で見事だ。

イメージ 8

イメージ 9
水鳥が群れていた。

ここをこえると、川口市。適当なところで左折し、綾瀬川と別れる。すぐにドブ川伝右川にぶつかる。

イメージ 10
ドブ川伝右川にも立派な桜並木がある。

伝右川に沿って、下流へ向かう。下流と言っても、流れは殆ど無い。やがて安行出羽公園に到着。ここで、右折。ときめきランドの小道となる。ドブ川に沿った小道だが、なかなか美しいところで、努めて訪れるようにしている。


イメージ 11
ときめきランドの小道は、外環自動車で終わる。ここを左折。道の駅樹里安・川口緑化センターで休憩。缶コーヒーを一本飲む。

イメージ 12
植木の町の道の駅には、春の花が咲き誇っていた。

外環道の側道を歩く。

イメージ 13
川口市と草加市の境にある、小さな石碑。

「畦塗りが、草加の町をかこみける」水原秋桜子

この句は、今の町の様子からは全く想像がつかないだろう。子供の頃、市内は田圃だらけだった。この辺りには外環はおろか4号国道も無かった。舗装道路ですら無かった。民家も少なく、田園が広がっていた。桜は小学校にあったくらい。レンゲ畑の印象のほうが強い。


時計を見ると、11:30を過ぎていた。12時までには家に帰らねば。
急ぎ足で帰宅する。