山行日:2009.12.13
目的地:グミの滝、三つドッケ
コース:浦山大日堂(7:15)~シゴー平(8:10)~登山道入り口(8:25)~グミの滝(9:40)~都県境(11:40)~一杯水避難小屋~(12:15)三つドッケ(13:00)~仙元峠(14:00)~浦山大日堂(16:30)



昨年の初冬、浦山大日堂経由で仙元尾根と蕎麦粒山北尾根を登った。今回は細久保谷に沿って三つドッケに登ってみよう。

ネットで調べると、このコースなかなかのくせ者のよう。ブログ記事に出ていた手作り地図を持参した。結果として大いに役立った。いや、これが無ければ、都県境に立てなかったかもしれない。


浦山ダムから西の奥山を見ると、ベットリと雪が着いていた。



イメージ 1
2980円の穴の開いた登山靴もどきと、20年使用の収縮した革靴。浦山大日堂バス停脇で。

稜線近くから雪がありそうなので、しかたなく嫌いな革靴を履いた。
靴を履くと、便意を催した。バス停の便所に行くと、12/10日から冬季使用禁止とあった。仕方なく出発。
民家から、強烈な正露丸の臭いが漏れてくる。これを嗅ぐと、便意がやわらいだ。


イメージ 2
車道を少し戻ると、細久保橋。左は広河原谷、右が細久保谷。


細久保谷の車道をユルユルと登る。


イメージ 3
やがて、シゴー平に着いた。林業関係の倉庫とホコラが目に付いた。


砂利道の林道を行くと仙元谷の標識が。これを無視して、ホンセン沿いに林道を行く。ヘアピンカーブの先に登山道入り口があった。


イメージ 4
標識の上にマジックで、グミの滝→が書かれている。


登山道に入ると、尾根を回り込みシセン沿いの高巻き道となる。


イメージ 5
岩屋っぽい岩の所で沢を渡ったり、


イメージ 6
うわさ通りの渡れない橋の脇を通ったり。


イメージ 7
やがて、ワサビ田作業小屋が見えてくる。


イメージ 8
その先に立派な標識が。


標識を無視して、沢沿いに登る。


イメージ 9
ついにグミの滝に着いた。


イメージ 10
滝壷では、修行者のような岩が水に打たれていた。


立派な標識に戻り、都県境を目指す。あらぬ方向に薄い道がある。ここからは、ブログ記事の手作り地図を見ながらの登りとなる。


イメージ 11
砂利の急斜面。三つドッケの埼玉県側は、全山砂利山だった。表土は殆ど無し。


手作り地図を見ながら、小尾根から崩壊地を下り、涸れ沢を登る。すると赤テープとかすかな踏み跡が現れる。手作り地図通り。
再び小尾根。そして山腹へ。


イメージ 12
有名なバケツをかぶった標識。


ここから再びワサビ田沿いに登る。ワサビ田最上部で鹿道にはまり、道を失う。ワサビ田に戻り、あたりを観察すると、目の前に赤いテープがあった。ここは沢が二股になっており、間の尾根を登るのが正解だった。近視・乱視・鳥目に加え老眼が混じってきた。注意力も散漫。約30分のロス。


イメージ 13
美しい苔などを見ながら登る。


やがて、尾根形が無くなり、大きなすり鉢の中を登るようになる。鹿道と鹿糞が目立つ。ヒト道は消え勝ち。右手に三つドッケの何峰かが見え出す。頭上が明るくなってきた。


イメージ 14
ついに都県境に着いた。

そして、こんな張り紙が!

イメージ 15
来年は昭文社の地図からこのルートが消えるらしい。


一杯水避難小屋に回り、西側から三つドッケに登った。二峰に行きたかったが、今回も余力は残っていなかった。ここまで、5時間を要してしまった。頂上にはお一人いらっした。先ほどまで晴れていた空は急激に曇ってきた。



イメージ 16
雲取山、芋の木ドッケ、天祖山、石尾根などは白くなっていた。


三つドッケには、ほんのチョロリと雪がある程度。革靴など履いてこなければよかった。足の爪が異様に痛い。かかとも靴ヅレを起こしているようだ。
昼飯を食い、おさらば。
稜線伝いに下り、そして仙元峠に向かった。仙元峠からの下りは足の爪が辛かった。
去年整備された仙元尾根はすでに荒廃の兆しが現れていた。鹿道がくっきりとし、正規ルートが薄くなっている所が散見される。倒木により、道が見えなくなっているところもある。
下部の下りは、杉林の中真っ暗になり、目の悪いおいらにはきつかった。浦山大日堂の屋根が見えたときにはホッとした。そして、なんと、正露丸の臭いが漂ってきたのだ。


とりあえず、予定通りのコースを歩けたが、それはブログの手作り地図があったおかげ。自力では無理だったかもしれない。
昭文社の地図からこのコースが抹殺されれば、訪れる人はさらに減ることに違いない。