行った日:2022.12.2
                   2022.12.4

今年の安行の紅葉は近年稀にみる早さで10月から色付き始めた。10月中には最低気温8℃を下回る日が何日かあったからかもしれない。しかし、11月に入って暖かい日が続き、結局は12月に入ってからの見頃となった所が多い。しかも、場所によっては、まだ一部色付き始めの所もあったりするし、逆にすでに最終盤を迎えているところもある。



12月2日
朝、眼医者に行って、その後、安行へ。曇天であった。


秘密の花園2号地にて。手前はサザンカかツバキ。サザンカとツバキは見分けられない。
DSC08826



興禅院に移動。
DSC08844



興禅院にて。この木は真っ赤になるが、まだ青葉混在。
DSC08849



興禅院参道。青葉あり。
DSC08850



興禅院にて。昼飯を食いに一旦帰る。
DSC08855



昼飯を食いながら、W杯スペイン戦勝利に湧くテレビを見る。
外を見ると、陽が射してきていたので、再び安行へ。


一輪草自生地の十月桜。また曇ってしまってガッカリ。
DSC08861



一輪草自生地にて。わずかに青空が覗く。
DSC08870



秘密の花園1号地にて。また曇ってしまった。銀杏臭い。カエデは完全なる青葉。最近知ったのだが、どうやらここは貝塚のようだ。そういやぁ、貝殻がかなり転がっている。
DSC08871



道々にて。今回新発見のカエデの大木。陽の光が無く、色合いは悪い。天気が良いときに見てみたい。
DSC08873



秘密の花園2号地を再度訪れる。
DSC08875



秘密の花園2号地にて。光が足りなくて残念。
DSC08785



道々にて。おおっ、陽が射してきた。
DSC08882



道々にて。青葉混在ながら陽が射すと綺麗だ。写真はそうでもないが。
DSC08883



興禅院隣地に移動。おおっ、完全に晴れた。
DSC08884



興禅院隣地にて。やっばり紅葉狩りには陽の光が必要だと思う。
DSC08886



興禅院隣地にて。
DSC08888



興禅院隣地にて。
DSC08890



陽が射してきたので、興禅院を再び訪れる。
DSC08893



小林もみじ園さんに移動。
DSC08894



小林もみじ園さんにて。青葉ありといえども最盛期はすでに過ぎた感がある。しかし、青空にモミジがよく映える。
DSC08896



小林もみじ園さんにて。
DSC08897



小林もみじ園さんにて。
DSC08899



小林もみじ園さんにて。
DSC08900



小林もみじ園さんにて。
DSC08901



小林もみじ園さんにて。
DSC08800



11月30日の小林もみじ園さん。曇天だったが、この頃が最盛期だったような気がする。
DSC08792




12月2日時点で、
・小林もみじ園さんは、青葉ありといえでも落葉多く、最盛期は過ぎたような感じ。
・一輪草自生地は、見頃。
・興禅院は、青葉が多いが見頃。近日中に最盛期を迎えるのではないか。
・弁財天は、青葉多し。最盛期はもう少し先。ただし、立ち入り禁止の場所が多く、綺麗な      
 
所には近づけない。
・植物振興センターは、西園、東園とも、
落葉と青葉が混在。



12月4日
本日は久しぶりに朝から晴天。
安行中毒者は、今日も安行へ行くのだ。


植物振興センター東園の大モミジ。まだ完全に色づいていない。
DSC08902



秘密の花園2号地。
DSC08907



弁財天。立ち入り禁止なので垣根越しに。今だ色付き不十分。
DSC08910



弁財天。色づいているものもある。
DSC08912



興禅院隣地。
DSC08914



興禅院隣地にて。
DSC08915



興禅院参道。2日前より色付きが深まる。
DSC08917



興禅院にて。
DSC08920



興禅院にて。
DSC08922



宝厳院にて。
DSC08929



宝厳院にて。
DSC08935



宝厳院にて。
DSC08943



宝厳院にて。
DSC08945



慈林薬師。
DSC08937



金剛寺参道。
DSC08952



金剛寺にて。
DSC08954



金剛寺にて。
DSC08955




赤山城にも行ったが、色付きが悪かった。