山行日:2022.5.20
コース:栃木駅=栃木市営バス=大平歴史民俗資料館(9:55)~東山道~清水寺(10:10)~桜峠(10:35)~車道(10:50)~大慈寺(11:45)~(11:55)村桧神社(12:05)~(12:40)諏訪岳(12:55)~京路戸峠(13:05)~京路戸公園・舗装道(13:15)~東武佐野線多田駅(14:40)



前回晃石山から桜峠に下った折り、桜峠で「村桧神社→」の標識を見て今回のコースを歩いてみようと思った。何かにこだわりがあるわけではないが、とにかくそう思いついてしまったのだ。とりあえず、山登りなので、諏訪岳を目指すことにした。


栃木駅南口にて市営バスを待つも、定刻になってもバスは来ない。結局10分遅れでバスがやってきた。乗客は5~6人もいただろうか。この手のバスではかなりの乗車数だと思う。
大平歴史民俗資料館で下車。



大平歴史民俗資料館に10分遅れで到着。
DSC07480



東山道に入る。
DSC07482



そして清水寺に到着。今日はこのお寺には立ち寄らない。
DSC07483



清水寺前の舗装道を西進。



桜峠の案内標識で山道に入る。「関東なれ合いの道」である。
DSC07486



緩い坂道を登る。
DSC07487



汗をかくこともなく桜峠に到着。高曇りである。
DSC07488




桜峠からの眺めは冬場より狭く感じた。目指す諏訪岳がどの頂なのか判らなかった。
DSC07490



桜峠を越えると、「関東なれ合いの道」という官製道とは思えない草の密生となる。こちら側を歩く人が極端に少ないのだろう。
DSC07492



やがて草の密生は影をひそめ、
DSC07494



錦鯉の放養池が現れる。
DSC07495




まもなく舗装道となり谷戸地が広がり、田植えが行われていた。
DSC07501


村桧神社に向かう舗装道は登りとなり、小さな峠越えとなる。桜峠方面を振り返る。
DSC07503




名の知れぬ峠を越して下った所で、ようやく目指す諏訪岳を視認することができた。
DSC07507



東北自動車道をくぐり少し進むと、大慈寺が現れた。
DSC07510



寺域は広く、しかもかなり上までありそう。今日のところはとば口を見るだけ。
DSC07511



そのすぐ先に式内社村桧神社があった。
DSC07512



石段を登って。
DSC07514



今まで「むらび」と読んでいた。
DSC07515



村桧神社
DSC07516



村桧神社。
DSC07518



ここで、少しばかり休憩。バナナを一本食う。最近は食欲が乏しくなかなか食えないのだが、バナナは食いやすい。


拝殿から左へ行った所に京路戸峠への道があった。久方ぶりの土の道。「関東なれ合いの道」らしく、階段道が続く。
DSC07521



しかし、階段道が多いとこうなる。俺も左側を使う。
DSC07523



やや、追加の赤い字に「諏訪岳→」があるではないか。「諏訪岳→」を選択。
DSC07524



「諏訪岳→」を選択すると階段道はなくなり、超急斜面となる。ロープがあり、これを掴んで登る。ここで汗が噴き出る。
DSC07525



石祠が現れて、傾斜が緩んだ。
DSC07527



僅かで諏訪岳に到着。山頂の寒暖計は23℃。
DSC07528



何年振りかの諏訪岳だ。高曇りで景色はよろしくない。
DSC07529



山頂にはお二人おられました。

ところで、村桧神社から諏訪岳まで35分で来てしまった。「関東なれ合いの道」の地図によると村桧神社~京路戸峠まで70分とあった。え~っ、俺がそんなに時短できるわけないよぉ~!というわけで、「関東~の道」のコースタイムに疑念を生じてしまった。
まぁ、なかなか着かなくて苦しむよりいいが。

ここで菓子パンを食う。
ああっ、胃薬を持ってくるのを忘れていた。


京路戸峠へ下る。



アッサリと京路戸峠に到着。最短の多田駅へ下ろう。
DSC07531



多田駅に向かってすぐに、前には見なかった太陽光発電施設が見えた。
DSC07532



アジサイなどを見ながら、
DSC07534



ゆるゆると下ると、
DSC07536



これまたアッサリと京路戸公園に着き、工業団地を突っ切り、秋山川を渡る。
DSC07538



そして、無人の多田駅に到着。
DSC07540



人のいないホームで濡れた衣服を取り換えた。