行った日:2022.3.14


近年にはめずらしい寒い冬だった。
しかし、ここのところ、20℃越えの日が続いている。安行へ行くと、春本番であった。


(1)一輪草自生地


一輪草自生地に行くと、水芭蕉が咲いていた。
DSC06355



目当てのイチゲ類を捜しに、斜面林を散策すると、わずかにキクザキイチリンソウが咲いていた。
DSC06362



さらに歩いていると、ヤエザキイチリンソウ。ネットなどで見るヤエザキイチリンソウとは大分感じが異なるが、一応これをヤエザキイチリンソウとしておこう。(間違えていたら教えてください。)
DSC06358



やや、今年はヤエザキイチリンソウがかなり豪勢に咲いている。
DSC06365



チョット移動してみると、ここにも。
DSC06371



ここにも。  一輪草と二輪草は、4月に入ってからだと思う。
DSC06372


そして、おいとましようとすると・・・。なんと安行寒桜が咲いちゃっているではないか!
DSC06381安行寒桜


ムムムッ・・・・、安行寒桜が多い密蔵院へ行かなければ・・・・。



(2)密蔵院の安行寒桜と緋寒桜
と言う訳で、急遽密蔵院へ急行した。


密蔵院参道。7分咲きといったところか。
DSC06386



今週末あたりが見頃のような・・・。
DSC06387



いや8分咲きくらいいっているかもしれない。
DSC06388



ソコソコの人出だ。
DSC06390



写真家がなかなか移動しない。
DSC06394



写真家が去って。
DSC06395



枝垂れ梅と安行寒桜。
DSC06400



安行寒桜。
DSC06402



安行寒桜の大木。
DSC06405



緋寒桜。
DSC06407



緋寒桜と梅。
DSC06411



写真家が動かなくて、電線入りになった。
DSC06412



隣の安行原自然の森へ移動。緋寒桜の大木。
DSC06416



平日なのに年寄りを中心にソコソコの人出。ああっ、おれも年寄りだったか・・・・。



(3)興禅院、植物振興センター
そして定番の興禅院、植物振興センターへ移動した。


JAあゆみの越しの植物振興センター。街灯の後は椿寒桜。
DSC06420



植物振興センター。椿寒桜。
DSC06421



植物振興センター。啓翁桜。
DSC06422啓翁桜



植物振興センター。椿寒桜。早くも鳥が集まり花をついばんでいる。
DSC06426



植物振興センター。椿寒桜。
DSC06427



興禅院隣地。安行寒桜。
DSC06431



興禅隣地。ミツマタ。
DSC06434



興禅院隣地。安行寒桜と梅がゴチャゴチャと。
DSC06438



興禅院。モクレン。
DSC06439



興禅院。モクレン。ちなみに隣の植物振興センターではツボミだった。
DSC06441



植物振興センター。シナミサクラ。
DSC06442シナミサクラ



植物振興センター。梅もまだまだ健在。
DSC06444



植物振興センター。梅。
DSC06448



植物振興センター。安行寒桜とツバキ。
DSC06449



植物振興センター。安行寒桜。
DSC06450



植物振興センター。安行寒桜
DSC06454



植物振興センター。トサミズキ。
DSC06456トサミズキ



植物振興センター。サンシュユ。
DSC06461サンシュユ



植物振興センター。
DSC06470



植物振興センター。ヒュウガミズキ。ちなみに宮崎県(日向)には自生していないらしい。
DSC06473ヒュウガミズキ



というわけで、安行の春を満喫して帰途に着いた。