行った日:2022.4.6

歩ける距離が短くなってしまったので、この時期、花見には何回も行かなくてはならないのだ。
そして、今日はよく晴れた。花見には快晴がよい。


まずは一輪草自生地。
DSC06861



一輪草自生地にて。
DSC06862



一輪草自生地にて。キバナイチリンソウ。
DSC06863



一輪草自生地にて。キバナイチリンソウがわずかに咲いていた。
DSC06864



一輪草自生地にて。キバナイチリンソウ。なぜかピントが合わず。
DSC06866



一輪草自生地にて。
DSC06868



一輪草自生地にて。イカリソウ。
DSC06870



一輪草自生地にて。多分ニリンソウ。
DSC06873



秘密の花園2号地に移動。今冬枝打ちの残材が山積みにされていたのだが・・・。
DSC06880



秘密の花園2号地にて。ニリンソウともう1種類のイチゲ類がかろうじて狭い範囲で密生していた。
DSC06881



秘密の花園2号地にて。ニリンソウ。
DSC06884



秘密の花園2号地にて。まだイチリンソウの姿は無い。
DSC06885



道々にて。
DSC06887



道々にて。
DSC06890



道々にて。
DSC06900



植物振興センターにて。
DSC06902



植物振興センターにて。
DSC06903



植物振興センターにて。
DSC06907



植物振興センターにて。アズマシャクナゲ。
DSC069043アズマシャクナゲ



植物振興センターにて。
DSC06910



植物振興センターにて。八重桜系が咲きだした。
DSC06911



植物振興センターにて。
DSC06914



植物振興センターにて。
DSC06916



植物振興センターにて。八重桜系の白も。
DSC06918



植物振興センターにて。
DSC06919



植物振興センターにて。左上は「俺の木」。早咲き種は完全に散っとります。
DSC06922



安行の春は、まだまだ続くのだ。







行った日:2022.4.5


昼飯を食って、いくらか陽が射してきたので、桜を見に行った。
最近は歩けなくなった。途中までバスに乗った。


草加市新栄町綾瀬川畔。
DSC06826



草加市新栄町綾瀬川畔。
DSC06833



草加市新栄町綾瀬川畔。ありゃ~、曇っちゃった。
DSC06839



川口市安行出羽、出羽公園に移動。
DSC06844



川口市安行出羽、出羽公園。
DSC06845



安行出羽、ときめきランド。流れる川は幸福川。
DSC06853



川口市安行出羽、ときめきランド。
DSC06857



川口市安行出羽、ときめきランド。
DSC06859



曇ってしまって、ちょっとガッカリ。

山行日:2022.4.1
コース:三毳神社(10:20)~三毳神社奥社(10:50)~中岳(10:55)~三毳山・青竜が岳(11:40)~(12:00)カタクリの里(12:50)~県道~高平寺~三毳神社(12:50)


カタクリの花を見ようと、三毳山に行った。
前日の天気予報では、朝のうち雨で9時過ぎから晴れるはずであった。東北道を走っていると、全く晴れる気配はない。白くなった赤城山が灰色の空の下にあった。晴れないとカタクリの花は開かないらしい。



三毳公園駐車場から三毳神社に戻り登り始めたが、なんだか下に綺麗そうな庭園風が見えたので寄ってみた。曇天のせいか、あまり心は動かなかった。
DSC06712



神社道に戻る。ツバキの落ちた道を登る。
DSC06713



早咲きのツツジなのか。
DSC06715



山桜が多く咲いていた。
DSC06717



この階段、けっこうキツかった。
DSC06719



三毳神社奥社に到着。曇天で景色はさえない。
DSC06720



奥社。すぐに去る。
DSC06721



これはヤマツツジのように見える。けっこう咲いていた。
DSC06725



地味ながら、山桜もよいなぁ~。
DSC06727



道が平坦になって。
DSC06731


途中、「カタクリ園60m」の案内を見て、そちらに向かうべく山道を下り始める。登って来るご婦人二人組にカタクリの様子をうかがうと、「花は閉じている」との事。う~む、戻ろう。
各所で迷い気味に道を選択する。
途中、休憩中の女性Gが休んでいて、一人が、「ここは道が難しくて、一人では来られない」とおっしゃっておりました。
また、その先で爺さんGが分岐で迷っとりました。
道はよいし道標も完備しているのだが、多くの人々が疑心暗鬼で歩いておられるようだ。俺だけでなくてよかった。この山をよく知る人は、「何でそんなに迷うの」と不思議に思うかもしれないが、実際そうなのである。



そして、三毳山・青竜が岳に到着。赤城山。緑の金網があって、あまり好きではない。すぐにオサラバ。
DSC06732




下りながら、多少薄日が射したりし始めたので、カタクリの花開きに期待しようではないの。



カタクリの里に到着。おおっ開いておった。
DSC06739



ムフフッ・・・。
DSC06742



でも実態は、こんな感じがほとんど。
DSC06745



なんとか開いているのを捜す。
DSC06749



緑の絨毯は、イチゲ類の葉っぱに酷似している。
DSC06752



イチゲの葉っぱの中にカタクリが。
DSC06753



何イチゲだか分からないが、蕾が膨らんでいた。
DSC06754



なんか、一輪草ぽいなぁ~。
DSC06755



カタクリの里を下って。
DSC06756



カタクリの里入口付近に案内があって、ここで咲く山野草が載っていた。アズマイチゲ、一輪草、二輪草などのイチゲ類が春の花として咲くそうだ。
事務所前で菓子パンを食って、胃薬を飲んでオサラバ。


県道に出て、三毳神社まで戻らなければならない。
DSC06759



山腹の桜。
DSC06760



こちらは山桜かなぁ。
DSC06762



やや、岩船山ではないの。
DSC06765


おっ、桜の多いお寺があるではないか。
DSC06770高平寺



寄り道。高平寺とあった。急速に青空が広がり始めた。
DSC06771



境内やその周辺を歩き回る。
DSC06777



高平寺にて。
DSC06778



高平寺にて。
DSC06780



高平寺にて。
DSC06781



高平寺、オサラバ。
DSC06784



県道脇にて。
DSC06786



国道50号に出て、三毳神社に帰着。再び曇ってしまった。
DSC06791



なんとか開いたカタクリの花を見ることができたが、どうも高平寺での桜見物がご馳走だったような気がしている。


↑このページのトップヘ